Monogamaの地獄の釜のフタ

ゲーム Chromebook 文鳥 日記 お買い物 ガジェット Amazon 音楽 etc

【レビュー】ASUS Chromebook Flip C302CA DHM4を購入してから1ヶ月経ったので感想を書く【軽量薄型ノートPC】

スポンサーリンク

f:id:monogama:20170913232724j:plain

こんにちは、Monogamaです。

 

今回はASUSのChromebook「C302CA」を1ヶ月間使用してみての感想を書きます。

 

前回のレビューに加えて新たに感じたこと、

改めて良いと思ったところを紹介していきます。

 

前回のレビューはこちら

使えば使うほど良いと思えるChromebook

 

第一に言いたいのはやっぱりChromebookは素晴らしいということです。

 

f:id:monogama:20170913220554j:plain

動画を観て、ネットサーフィンをしてブログを書く

これらを快適に実行するのにこれ以上に最適なガジェットはないのではないかと思うくらい気に入っています。

そして、ASUS Chromebook Flip C302CAは特に適していると感じました。 

 

逆にこれ以上の作業を行おうとするなら別のWindowsやMacを検討することをオススメします。

 

これはトースター機能がついた電子レンジを持っているのにトースターを買うのと同じです。

・・・同じです????

 

パンを毎朝食べるならちょっと贅沢して美味しく焼けるトースターを買いたいのと同じで

 

動画を観て、ネットサーフィンをしてブログを快適に書くためにChromebookを買う。

 

そんな方にChromebookをオススメします。

 

ASUS C302CAは動画を視聴するのに最適

1ヶ月使用してみて1番感じたのは

ASUS C302CAは作業しながらの動画視聴に非常に適しているということです。

 

MonogamaはSamsungのChromebook Proも所持しています。

Chromebook ProはC302CAよりもディスプレイの性能は上ですが、動画を視聴する時はいつもASUS C302CAを使用してしまいます。

 

その理由は以下の通り

フルスクリーン表示でHD画質を無駄なく表示できる。

 

Monogamaは主に以下のサイトで動画を視聴します。

  • Youtube
  • ニコニコ動画
  • Amazonプライムビデオ
  • dTV

これらのサイトは最高画質がフルHD(1920×1020)です。

 

そうです、ASUS C302CAの最適設定のディスプレイ解像度と同じです。

 

フルHDの映像は画面のアスペクト比が16:9なので

ASUS C302CAをフルスクリーンで使用すると無駄なく画面いっぱいまで映像を映すことができます。

 

テント型スタイルで「ながら観」に最適!

MonogamaはC302CAをテント型で使用して動画を視聴します。

 

テント型の利点はタブレットをスタンドで立てかけた時のようにコンパクトに動画などを視聴できる点にあります。

 

C302CAはキーボード部が他の薄型PCよりも厚みがあります。

薄型ですが、しっかりとしたつくりのため、テント型スタイルで使用してもかなり安定して設置できます。

 

f:id:monogama:20170913221927j:plain

スプラトゥーンをしながらアニメを観る図

(スプラトゥーンに集中しましょう)

ASUS C302CAは内蔵スピーカーの音質が良い!

動画視聴に適していると感じる要因のもう1つの理由です。

 

キーボード部の側面、左右に配置されたスピーカーの音質は薄型ノートPCの中でもかなり良いです。

 

特に側面にスピーカーが配置されているの

どんな使用スタイルでもスピーカーを使用できます。

 

これらの理由からSamsung Chromebook Proよりも動画視聴をする際にはC302CAの出番が多くなります。

ASUS C302CAはやっぱり動作の安定感が凄い

Monogamaは普段以下のアプリを同時に使用しています。

  • 動画再生
  • ブログ記事の更新
  • ネットサーフィンタブ×15タブほど
  • ツイッタークライアント(TweetDeck)
  • LINE

場合によってSkypeやメモ帳などのアプリも追加される時があります。

 

これだけ色々なアプリを使用していても

ASUS C302CAは動作が重く感じたことがありません。

 

ファンレスで静音でありながら、オーバーヒートして動作が遅くなることも今のところ1度もないです。

 

ガンガン作業に使っていける頼もしい機体です。

 

ASUS C302CAのバックライトキーボードが想像以上に快適だった

購入前は

 

「バックライトキーボードは正直使わないだろうな・・・」

 

と思っていました。

 

しかし、いざ使用していると寝ながら動画を視聴したり音楽を再生する際に非常に便利です。

 

f:id:monogama:20170913224858j:plain

旅行先で周りの人に気をつかって部屋の電気を消している状態でも使用できるのは素晴らしいです。

 

そのため、旅行先などにASUS C302CAを持って行きたくなりました。

ASUS C302CAがAndroidアプリにStableチャンネルで対応した

ちょっと前の話題ですが、

ついにASUS C302CAもStableチャンネルでAndroidアプリを使用可能になりました。

 

Monogamaは今のところ新たに対応したアプリを発見できていませんが、動作の安定感は向上したように感じます。

 

使っていて思ったASUS C302CAのここがやっぱり残念&微妙なところ

ここまで良いところばかり書いてきましたが、1ヶ月使っていて感じた残念なところを紹介します。

長時間使用しているとトラックパッドの滑りが悪くなる

これはMonogamaの体質も関係しているのかもしれませんが

長時間トラックパッドを使用していると指の滑りが悪くなります。

 

指が汗を書く前のサラサラな状態なら大きめのトラックパッドは非常に使いやすいです。

 

ASUS Chromebook Flip C302CA用のトラックパッド保護フィルムも売っているので、これを使用したら改善するかもしれないです。

最適解像度(1920×1020)だとアイコンやマウスポインタが小さい

ASUS C302CAは最高 2400×1350の解像度に対応しています。

 

しかし、解像度を上げてしまうと文字やアイコンが著しく小さくなってしまいます。

 

以前の記事でアイコンの大きさやマウスポインタの大きさを調整する方法を書きました。

 

Monogamaはこの設定をしても1920×1020が限界かな?と感じます。

 

f:id:monogama:20170913230130j:plain

アイコンが小さすぎてクリックが非常にやりにくい。

 

Samsung Chromebook Proは、どうゆうわけか解像度を上げてもマウスポインタとアイコンがある程度の大きさを維持してくれるので使いやすいです。

 

まとめ

というわけで

ASUS Chromebook Flip C302CA DHM4を購入してから1ヶ月経ったので感想を書いてみました。

 

Monogamaが感じたことはこの機種はブログを楽しく書くのに非常に適したツールだということです。

 

もちろん、動画編集や重たい画像処理をするには向いていませんが、ちょっとした外出先やカフェでブログを更新したりするのには最高だと思います。

 

なにより、しっかりとしたつくりで高級感のある機体なのも気に入ってる点です。

 

流行りのMacBookやSurfaceとも違うので周りと違う特別感が所持欲を満たしてくれます。

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。