Monogamaの地獄の釜のフタ

ゲーム Chromebook 文鳥 日記 お買い物 ガジェット Amazon 音楽 etc

NW-ZX300に向けて SONY XBA-300 を購入したのでレビューを書く

スポンサーリンク

f:id:monogama:20171004012928p:plain

2017/10/08 更新

NW-ZX300が気になりすぎて調べまくってるMonogamaです。

前回は、NW-ZX300とXBA-N3BPの記事を書きました。

 

Monogamaは、 NW-ZX300と一緒に使うイヤホンの候補としてN3BPとXBA-300で迷っていました。

 

そんな時に、XBA-300が中古で安くなっているのを見かけたので買ってしまいました。

 

 

 

SONY XBA-300 を購入したので音質とかのレビュー

というわけでレビューを書いていきます。

まだ使用時間は20時間くらいですので意見が変わる可能性があります。

また、ZX-300との相性も試せてないのでなんともいえません。

 

今回、使用したDAPは「DP-X1A」と「iphone6s」です。

N3BPではなくXBA-300を買った理由

SONYが推しているのは、おそらくバランスケーブルとセットで売られているN3BPでしょう。

しかし、以下の理由からXBA-300を買いました。

  • 中古価格が安かった
  • 視聴した時にバランス接続で化けると思った
  • 見た目がカッコイイ
  • 久々にドンシャリの音を聴きたくなった

※ 実際に聴いてみると言うほどドンシャリではなかったです。

SONY XBA-300の外観、装着感、遮音性

f:id:monogama:20171004011503j:plain

パッと高級感があって良い感じです。

ただ、MMCXのコネクター部がプラスティック感満載で安っぽいのが気になりました。

 

f:id:monogama:20171004011618j:plain

アクセントに使われたロゴとノズル部の金色がカッコイイ

 

装着感

SHURE掛けで使用できますが、人によっては耳に接触して耳が痛くなります。Monogamaは痛くなりました。

ワイヤーの入っていないケーブルで、通常通り装着するのがお勧めです。

 

遮音性

遮音性はカナル型イヤホンとしては若干悪いように感じます。

ただ、余程の大きい音で聴かない限りは問題ないレベルです。

SHUREの遮音性に慣れてしまうと違和感を覚えるかもしれません。

 

XBA-300を「DP-X1A」で聞いたときの音

とりあえず、アンバランス接続でDP-X1Aで聴いた印象です。

 

店頭で視聴したときよりも低音が弱く感じます。

イヤーピースの相性によって低音が出たり出なかったりするので、低音が物足りない人は変えてみることをお勧めします。

 

高音が少し刺さる感じが「あぁ・・・SONYっぽい」て感じがして好きです。聴き慣れると刺さりは気にならなくなります。

 

バランス接続で聴いた音

続いてバランス接続で視聴

全体的に音が締まってい音の分離が良くなります。

アンバランスだと全体的に輪郭がハッキリしていない印象でしたが、それが少し改善します。

ただ、全体的に音が固くなり、細く感じます。

 

これは、DP-X1Aで聴いた音なのでZX300のバランス接続だとどうなるのか気になります。XBA-300を持ってもう一回視聴しに行こうかな。。

2017/10/08 更新

⇨ ZX300買ってバランスケーブル(MUC-M12SB1)で聴きました。

DP-X1Aの2.5mm 4極プラグで聴いた時は解像度が上がって線が細く芯がしっかりするイメージでした。

ZX300の4.4mm5極プラグで聴いた印象は、全体的に音場が広がり、全ての音の量が増える印象でした。特にアンバランス時に感じた低音の物足りなさが補われていると感じます。しかし、全体的に癖のない音になって面白みはあまり無い音になった気がします。(いわゆるモニター系の音になった?)

ただ、ZX300もキンバーケーブル(MUC-M12SB1)も未エージングの状態なので今後意見が変わる可能性はあります。

Monogamaはエージングは半信半疑です。

 

XBA-300を「iphone6s」で聞いたときの音

意外にもかなり好印象です。

ONKYO DP-X1Aで不足気味だった低音が出ています。

若干ドンシャリ気味のXBA-300の音域と、カマボコ傾向のiPhoneの音作りが上手く調和しているように感じます。

解像度は劣りますが外出先で聴くとなると、こちらの方が楽しめる音な気がします。

 

総評

第一印象は、SE535LTDの下位互換のような音質に感じて「あれ?失敗したかな?」と思いました。しかし、イヤーピースを変えたり再生機器との相性で大きく印象が変わりました。

SONYらしいギラギラした部分を残しつつも、低音が視聴しすぎない柔らかさを併せ持った音です。音場は決して狭くはないですが、低音域を中心に音が中央寄りに鳴る癖があります。

今回、使用した再生機がSONY製ではないため、ウォークマン聴いた場合はさらに期待できる機種だと思います。

 

それにしてもZX300買おうか悩む(優柔不断)

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

 

その他イヤホン記事