Monogamaの地獄の釜のフタ

ゲーム Chromebook 文鳥 日記 お買い物 ガジェット Amazon 音楽 etc

【Teclast F6 Pro】 見た目はMacBookだけど中身はWindowsのコスパ最強の格安薄型高スペックPC【購入レビュー】

スポンサーリンク

5万強で変えるコスパ最強の薄型ノートPC Teclast F6 Pro レビュー

個人的に最高のPCになったSamsung Chromebook ProとASUS C302CAを持っていながら、またパソコンを買ってしまいました。

 使っていたWindows機の調子が悪くなったので、薄型で軽量なのがほしいなと思ったのがきっかけです。

 

色々調べてSurfaceやDellのラップトップと悩んでんですが、私が買ったのはTeclastのF6 Proというモデルです。

このF6 Proはいわゆる中華PCです。(また買っちまった..)

Teclast F6 Pro Notebook

中華PCの中でも「CUBEのThinker Notebook」というPCと悩んでました。

実はこちらのCUBE Thinker NoteBookも購入していたんですが、色々わけアリなので後述します。

 

Teclast F6 Proを買った理由

そんなこんなで、結局TeclastのF6 Proを買った理由は以下の通り

 

買った理由① 激薄ボディでデザインがカッコイイ

f:id:monogama:20180225162438j:plain

f:id:monogama:20180225162447j:plain

Teclast F6 Pro - TECLAST

 

どうですか?めちゃくちゃかっこよくないですか??

MacBookに酷似していますが

 

スタイリッシュでシンプルなシルバーボディに、ロゴなどが一切ないデザインが印象的です。

筆者は薄くてロゴが目立たないデザインが大好きなので、このデザインはドンピシャでした。

 

買った理由② USB Type-Cで充電可能

これは地味に重要なポイント

USB Type-C対応ならChromebookと同じコードで充電できます。

中華製のPCは充電コードが日本のものに対応していない場合がありますが、Type-C対応なら問題なしです。

モバイルバッテリーもあれば外出先どこでも充電できます。

 

因みにGearBestで購入するとバッテリーの変換アダプターをオマケしてくれるので付属の電源アダプターを日本でも充電できます。

 

Type-C対応のモバイルバッテリー紹介


買った理由③ 価格からは想像できない驚異的なスペック

Teclest F6 Proのスペックはこちら 

  Teclast F6 Pro
OS Windows 10 Home
CPU Intel Core m3
メモリ 8GB
ストレージ SSD 128GB
ディスプレイ 1980 ✕ 1020 (IPS)
ネットワーク IEEE 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth V4.0
カメラ インカメラ(200万画素)
サイズ 重量 1.38kg
光学ドライブ なし
グラフィック CPU内蔵


本機はファン無しのラップトップモデルです。 

CPUはSurface Proにも搭載されているM3。

メモリも8GBあり、SSD内蔵と薄型ノートPCの中でも申し分ない高スペックです。

 

日本性のパソコンでこのスペックを探すと10万越えのモデルしかないのでこのコスパは驚異的です。

6万弱で買えるんですからかなりの格安PCであることがわかります。

 

というわけでそんなTeclast F6 Proが届いたので開封します。

Teclast F6 Pro 開封 & 外観レビュー 

f:id:monogama:20180221210509j:plain

めちゃくちゃ厳重に保護されて届きました。

GearBestはPCだろうが割れ物だろうが、ペラッペラのビニール袋に包まれて届くイメージだったのでこれは驚きです。

 

f:id:monogama:20180221210520j:plain

箱に汚れやつぶれもありません!素晴らしい!(中国ECサイトから買うと大抵箱はボロボロなので)

 

f:id:monogama:20180221210532j:plain

開封

 

f:id:monogama:20180221210457j:plain

下には充電ケーブルと説明書などの書類が入っていました。

 

f:id:monogama:20180225192039j:plain

本体

ボディにはロゴなどが一切なく、シンプルでカッコイイです。

 

f:id:monogama:20180225192121j:plain

背面

すべり止めの接着剤漏れなども無く、中華PCのなかでも作りは高クオリティだと思います。

 

f:id:monogama:20180225192359j:plain

f:id:monogama:20180225192409j:plain

側面

ポート部ですがかなりしっかりとしたつくりです。

USB2.0にはカバーが付属しており、ゴミが入らない気遣いも嬉しいです。(取り外し可能)

また、MicroSDポートにカードを挿入してもほとんど飛び出さないのも良いです。

 

実際にTeclast F6 Proを数日間使ってみた感想

私は初期設定としてOSを再インストールして使用しています。

再インストール方法はこちらを参考にしました。

【中華タブレット】海外モデルに日本語版Windows10をクリーンインストール(再インストール)する方法 – LH MAGAZINE

 

こちらの手順でF6 PROもほぼ同じ手順で初期化、OS再インストールが可能でした。

 

私は以前に中華タブレットを購入した際にウィルスが入ってたので、念のため初期化して使うようにしてます。

Teclast F6 Proに関しては、初期の状態ではウイルスは見つかりませんでしたが念のため(カスペルスキー検査)

気にしない人はそのまま使用してOKです。

 

私と同じように初期化する際には以下の点に気をつけて下さい。

  • プリインストールされてるソフトが消える(officeなど)
  • 指紋認証のドライバが消えてしまう

Officeソフトが標準で搭載されていますが、クリーンインストールすると消えてしまします。

また、指紋認証やスピーカーのドライバも消えるのでバックアップをとっておくか、ダウンロードしてくる必要があります。

 

実際にTeclast F6 Pro 数日使ってみた結果....

 

肝心の使ってみた結果ですが、今のところかなり良いです。 

 

Chromebookほどスルスルではないですが起動も早く、ストレスなく使用できてます。

特に簡易的なPCゲームや動画再生、画像の編集なんかも余裕でできるのはWindowsならではです。

 

f:id:monogama:20180225194221j:plain

ボディの薄さはなんとChromebook Pro以下

 

f:id:monogama:20180225194152j:plain

ヒンジ部などの細かい部分のつくりもしっかりしており、高級感があります。

この値段とスペックで見た目も妥協していないのは素晴らしいです。 

 

すこし気になったのはキーボード部よりも画面側の方が重ため、閉じた状態から開くのが大変です。

片手だと開かないので両手で開く必要があります。

 

f:id:monogama:20180225193531j:plain

キーボード自体はASUS C302CAと同等かそれ以上のタッチ感があり、薄型軽量ノートPCの中でも優れている部類に入ると思います。

 

充電バッテリーによる稼働時間 は4〜5時間ほどな印象です。

ぶっ続けで使うことは無いのでわかりませんが、少し充電の減りは早い印象です。

 

f:id:monogama:20170923001937j:plain

また、Chromebook Proの画面の解像度に慣れてると少し画面の解像度には不満があります。

 

ちなみに筆者はMacbook用の保護シートを無理矢理貼って使用しています。

後から知りましたがTeclast F6 Pro用の保護フィルムもあるみたいです。


Teclast F6 Proの 良いところと悪いところまとめ

そんなこんなで良いところ、悪いところをまとめておきます。

 

良い点

  • 梱包が厳重
  • 初期設定で日本語が選べる
  • Officeが標準インストールされている
  • 指紋認証が爆速
  • デザインがMacbookのようなスタイリッシュさ
  • 激薄、軽量
  • 値段からは想像できないほど高スペック

 

残念な点 

  • 片手で開かない
  • 充電の持ちがイマイチ
  • 日本語版Windowsではない
  • 画面の解像度が少し物足りない

 

初期設定の段階で日本語が選択できますが、日本語版ではないためか明らかにオルタナの発音がぎこちないです。また、一部の標準ソフトが日本語じゃないです。

そういった部分が気になる人はOSの再インストールが必要になります。

 

CUBE Thinker Notebook との比較

実は当初はCUBE Thinker Notebookを購入予定でした。

というかCUBE Thinker NoteBookを先に購入していました。

 

しかし

 

実際にGearBestから届いたのCUBE Thinkerは画面が割れて映らず、本体は汚れまくりの明らかな中古品でした。

 

f:id:monogama:20180225194759j:plain

外箱もボロボロで開封前から嫌な予感しかしなかった。

 

f:id:monogama:20180225194757p:plain

画面も割れてました(悲)

 

そして極めつけは背面にAppleで貰えるシールを剥がした跡

明らかに中古品じゃねーか!(しかも故障品)

 

返品してPayPalで本体代金のみは返金してもらいましたが、返品の際の送料はまだ交渉中です。

この話題については長くなりそうなので、CUBE ThinkerとTeclast F6 Proとの比較も兼ねて別記事で書く予定です。

 

【注意】GearBestは危険? 故意の不良品販売、返金・返品送料が支払われないなど 

中国のECサイトは安くて楽しいんですが、商品が届かなかったり、今回みたいに不良品のゴミが届いたりするので利用する際には気をつけないといけません。

 

私の経験上、5回の注文で2回の確率で何かしら問題が起きます。

つまり40%の確率でサポートに連絡して問題を解決する必要があります。

 

しかもこのサポート、人によってはテキトーな嘘を言ってチケットをクローズさせたり支払いをしない方向にもっていきます。

例:返金はチケットクローズ後に行いますので、そのままクローズをお願いします

  ⇨返金されないまま終了 など

 

現在私もCUBE Thinker Notebookの返品送料の支払いを奮闘中です。

⇨ 送料も返金して貰いました。2018/02/27追加

2ヶ月ほどかかりましたが、何度も呼びかけてやっと応じて貰えました。

面倒ですが諦めなければ対応して貰えることが判明して紹介してる身としては良かったです。

 

また、この一連のトラブルについては、別記事で詳しく書く予定です。

 

ここまで書くと「なぜ中国のECサイトで購入するのか?」と思うとおもいます。

しかし、GearBestの商品は激安かつ掘り出し物を探す楽しさでついつい購入してしまいます(愚)

中国ECサイトの利用はそういったトラブルも含めて楽しめる人向けです。

ご利用する場合は本当にお気をつけ下さい。

 

 

まとめ

 本来、CUBE Thinkerの記事を書くつもりでいたんですが色々とトラブルがあってこのような内容になりました。

GearBestのサポートが誠実に返品送料を支払ってくれればもっと早く、レビュー記事を書けたんですがかなり厳しそうなので注意書き多めに書かせていただきました。

 

私の記事を読んでTeclast F6 Proの購入を検討する方がいらっしゃいましたら、くれぐれも気をつけてご購入をするようにお願い致します。