Monogamaの地獄の釜のフタ

ゲーム Chromebook 文鳥 日記 お買い物 ガジェット Amazon 音楽 etc

【レビュー】ファーウェイ P20 Pro トワイライト 白ロム版(simフリー)購入! ドコモ版との違い おすすめのケースも紹介。最高評価のカメラに防水機能、ゲームアプリもサクサク動くハイスペックスマホ

スポンサーリンク

【買ってよかったもの】2018年 現行機最強のカメラ性能のスマートフォン Huawei P20 Pro

f:id:monogama:20180923160543j:plain

 

iPhone Xのカメラ性能を軽く凌駕する最強のスマートフォンHuawei P20 Proを購入したのでレビューを書きます。

 

巷ではiPhone XSやらMAXやらが話題になっていますが、P20 Proも負けてないですよ。

 

以前に紹介したXiaomi Mi Mix 2SやMi 6もカメラの性能が高く、素晴らしい写真を撮影できましたが、このP20 Proはもっと凄いです。

 

ファーウェイ P20 Proの基本スペックや凄いところ

今回購入したP20 Proの基本スペックはコチラ

f:id:monogama:20180905235633p:plain

https://www.gsmarena.com/huawei_p20_pro-9106.php

 

【主な機能】

  • ディスプレイ:非常に鮮やかな有機ディスプレイ(AMOLED)
  • カメラ:一眼レフ並の写真が撮れる圧倒的なLeicaトリプルカメラ
  • 対応通信帯域:Docomo, AU, Softbankなど日本の主なバンドにほぼ対応
  • バッテリー:4000 mAhの大容量バッテリー
  • 認証センサー:指紋認証と顔認証どちらにも対応

 

などなど、軽く機能表を見ただけでほぼ完璧なスペックのスマートフォンであることが分かります。

さらにキャリアはドコモ限定ですが、他の中華スマホと違い日本でも購入可能です。

個人輸入などの知識も無く簡単に入手可能なのも魅力の1つですね。

 

今回はそんなガジェット好きにはたまらないP20 Proを詳しくレビューしていきます。

 

写真多め! 開封&外観レビュー グローバル版限定色のトワイライトカラー(Twilight)が美しい

 

f:id:monogama:20180912001212j:plain

 

f:id:monogama:20180912001203j:plain

本体には保護フィルムが初期状態から綺麗に貼ってある。

 

f:id:monogama:20180912001155j:plain

内容物

  • 本体 + 保護フィルム
  • TPUクリアケース
  • 充電アダプター(日本でも使用可)
  • Type C端子イヤホン
  • TypeC ⇨ 3.5mmジャック変換アダプタ

 

付属品とはいえ、この保護フィルムがなかなか優秀。指の滑りや指紋のつきにくさなどかなり良好。

 

付属のクリアケースの品質も高く、保護目的ならこれで十分な品質です。

 

f:id:monogama:20180923162309j:plain

筆者はトワイライトカラーを購入

独特なグラデーションが美しいです。

 

実際に使ってみて感じた ファーウェイのP20 Pro 良いところ 

一眼レフカメラに匹敵するトリプルカメラの写真が綺麗すぎる

P20 Proの特徴と言えば、やはりこのLeica製トリプルカメラでしょう。

これ、本当に綺麗に撮れます。

 

巷では一眼レフにも匹敵するカメラ性能と言われていて、Youtubeなんかではガチの撮影用カメラ(数十万〜数百万クラス)のカメラとの画質を比較している動画もあります。

ジョークにすら感じますが、それだけこのスマートフォンのカメラ性能が高い事が分かります。

 

私も実際に写真を撮ってみて驚きました。

特に設定などもせずに、テキトーに写真を撮るだけめちゃくちゃ綺麗な写真が撮れます。

 

例えば、そのへんの川を撮影しただけでもこの通り

f:id:monogama:20180818221554j:plain

どうですかこれ!

不自然なほど綺麗に空と川、そして木々が鮮やかに写ります。笑

 

私はカメラについては全くの素人なので感動しました。

日常の何気ないものでもなんでも写真を撮りたくなる楽しさに目覚めました。

 

P20 Proを買ってから写真を撮るのが楽しくて仕方ないです。

写真は後から見返す事で思い出をいつまでも忘れないようにしてくれます。思い出は言い換えれば経験ですから、人生で得たものを振り返るのに非常に有効だということに気がつきました。

 

以下テキトーに撮った写真たち(圧縮してあります)

f:id:monogama:20180912002111j:plain

f:id:monogama:20180912002118j:plainf:id:monogama:20180923164003j:image

f:id:monogama:20180923164021j:image

f:id:monogama:20180923164035j:image

この他にも毎日写真を撮ってTwitterとインスタにアップロードする予定なので良かったらフォローしてください(どハマり中)


防水機能でどこでも使える 

地味に嬉しいのが防水機能

カメラ性能が良いのでアウトドアでも色々なところに持ち出したくなるので防水機能は非常に便利。

 

P20 Proの防水機能はIPX 7相当です。これは浸水 1メートルの水中に30分浸けておいても問題ないレベルだそうです。

 

防水機能について検証した動画はコチラ 

youtu.be

 

1.5mの水中に30分入れて無事な事が分かります。

海や川に落として長時間紛失など、かなり無茶な使い方をしない限りは大丈夫そうです。

 

バッテリーの持ちが良い

他社のハイエンドモデルとのバッテリー寿命を比較した動画で見事1位になっています。

 

4000mAhという大容量バッテリーに加え、急速充電にも対応

さらにCPUを独自開発のkirinにしている事で最適化された動作によりバッテリーの長寿命化に成功しています。

 

実際に私も使用していて寿命の長さを実感しています。電車で2時間ずっと触っていても80%くらいの残量なのでかなり電池の持ちは良いと感じます。

一日中ガッツリ使っても充電切れになることは今のところないです。すごい..

 

顔認証と正面にある指紋認証で即認証解除が便利

2018年の現在では珍しくiPhone Xと同様に顔認証機能が搭載されています。また、iPhone Xとは異なる点として指紋認証を搭載している点が上げられます。

どちらでも認証可能なので場面や状況によって使い分けられる方がぜったい便利。

iPhoneXはこれが原因で多くの方が8に買い直す人も多かったのではないでしょうか

 

背面に指紋認証が多い中、このP20 Proは正面の下部に指紋認証用のセンサーがついています。

これは手帳型ケースを着用してもケースがセンサーに干渉せずに認識が可能なのが嬉しい。

 

背面に指紋センサーがあると手帳型ケースと干渉して、使いにくくなるので正面に指紋センサーがあるのは地味に嬉しいです。

 

日本発売モデルなのでケースやアクセサリーが日本でも買える

日本でも普通に販売しているモデルなので日本産のケースやカバーが一般的な量販店に行けば購入できます。(iPhoneに比べたら少ないですが…)

 

中華スマートフォンなどは専用ケースを買うにも輸入しないといけないので日本販売モデルのP20 Proはその点でも優れているといえます。

 

実際に私も日本のAmazonで購入したケースを使用しています。

f:id:monogama:20180923162751j:plain

薄くて軽く、汚れも目立たないのでTwilightカラーもいい感じになるのでオススメ。

 

実際に使ってみて感じた残念なところ

顔認証の認識速度が少し遅い

私が所持している顔認証対応のスマホXiaomi mi8よりも認証速度は遅いです。

認識速度はだいたい0.5秒くらいです。

指紋認証があるのでそちらは一瞬で解除できるため問題ないですが、顔認証をメインで使いたい人は気になると思います。

 

イヤホンジャックとSDカードスロットがない

これはiPhoneにも言えることですが残念です。あったほうが絶対便利なのになぁ。

 

CPUは最強ではない

残念ながらP20 Proは現在のハイエンド機種に採用されているSnapdragon 845よりも性能が劣ります。

 

GPU性能で不正!?P20 Proを含むHuaweiのスマートフォンで3Dベンチマークアプリを不正に性能アップさせていた疑い

最近になって話題になっているのがHuaweiの人気機種で、3DベンチマークのAntutuを不正にブーストする機能が内蔵されていた事が判明しました。

Huawei caught cheating performance test for new phones – TechCrunch

 

元々AntutuのスコアはSnapdragon 845には劣っていたのにさらに、低い数値になるということでしょうか。となるとGPU性能は現行モデルの中ではかなり低い事になりそうですが。。

 

ただ、私の使用感としては動作のモタつきや重さを感じる事はありません。むしろSnapdragon 845を搭載しているXiaomi 2Sやmi 8よりも通常操作は安定しているように感じます。

 

良くも悪くも中国メーカーはこういった誇張した広告をよくやります。

ファーウェイは日本でも正式に販売しているメーカーなので、他の中国メーカーよりも信用できますが、覚悟をして購入する必要があります。

 

アメリカが販売を禁止!?Huaweiは中国政府と密接な関係にあり、スマホ利用者の個人情報を収集している疑い

もう一つ話題になっていのがこれ

ファーウェイとZTEの2つの中国メーカーのスマートフォンは不正に中国サーバーへと通信を行う機能が備わっている事が判明しています。

これによりアメリカなどの一部の国では政府契約企業で中国メーカーのスマートフォンの仕様を禁止する活動が進んでいます。

New bill bans US government agencies using contractors with Huawei or ZTE tech – TechCrunch

 

これは「通信機器なのでそういった機能があるのは当然」という意見と「中国メーカーは中国政府に管理されていので、不正に情報を収集している」と注意を換気する意見で割れています。

 

私のような一般人の個人情報が中国政府に漏れたところで、大した問題ではありませんが国家レベルの機密を扱う人は使用感を控えるのは当然な気がします。

 

Huawei P20 Proの購入前に知っておきたい気になる点 

P20 Pro simフリー版とドコモ版の主な違い

いわゆるsimフリーと呼ばれるグローバル版と日本でが販売しているドコモ版 HW-01Kには多くの違いがあります。

 

P20 Pro Global Ver (simフリー版)海外版のみにある優れた点
  • simフリー
  • デュアルsim (simスロット2枚)
  • ツインアプリ
  • トワイライト 限定カラー

 

ドコモ版 P20 Prp HW-01Kのみにある優れた点
  • 技適あり
  • おサイフケータイ
  • プリインストールドコモ製アプリ
  • キャリア契約による大幅な値引き、保証

 

前述しましたが、Huaweiは中国メーカーであり個人情報の収集など黒い噂がありますがドコモが販売しているHW-01Kは技適を取得しており、少し安心感があります。

 

また、お財布ケータイ機能は海外版にはない機能です。これは人によっては必須の機能なのではないでしょうか。

 

また、キャリア契約での販売になるためドコモや販売店からの大幅な値下げも期待できます。最近では多くのお店でP20 Proが実質0円で購入できるようです。

 

P20 Pro SIMフリー版(白ロム)のグローバル版とドコモ版 HW-01Kをそれぞれ最安値で手に入れる方法、おすすめ激安ショップは?

海外版を最安値で買う方法

最安値でおすすめはアリエクスプレスです。

Aliexpress.comで価格をチェックする。

 

注意点としては配送方法をDHLにすると関税を5000円ほど取られることです。

 

また、GearBestやGeekbuyingで期間限定クーポンが発行されている場合はそちらもお得です。

 

これらの方法は個人輸入が不安な方や、直ぐに届けて欲しい方にはおすすめしません。

そういった方は、Amazonで輸入業者が販売しているものを購入する事をおすすめします。

9万円台とそれほど価格も高くないので安全に手に入れたい場合はAmazonが意外とオススメです。

 

P20 Pro HW-01K ドコモ版なら実質0円で購入可能!?現在の店舗契約での価格を調査してきた

一部の店舗のヤマダ電機では、既に実質0円で購入可能になっていました。

 

月1Gの最も安い契約で端末料金を差し引いて、月々4414円です。

2年の契約縛りがあるので

 

通信料込みで

24 × 4414円 = 105936円!

 

この金額ならP20 Proの端末価格が10万前後なので非常にお得です。

P20 Proを買った上で通話と1G通信可能なSIMカードがタダで使えるようなものですからね。

私もsimフリーのSIMカードを契約済みでなければ、こちらを購入していたと思います。

なにより、この性能のスマートフォンが実質0円は本当にすごいです。オトクすぎます。

 

Huawei P20 Proの後継機、上位機種 Mate 20 Proが近々発売する!?発売日は?

なんとこのP20 Proを凌駕する製品がすでに発表されています。

 

その名も Huawei Mate 20 Pro

 

P20 Proのカメラ性能を持ちながら最高スペックのCPUであるSnapdragon 845相当を搭載している正真正銘の化物Androidスマートフォンです。

発売日は2018年10月ごろとの噂

そして気になる価格はなんと20万円前後になるとの予想

 

飽くまでスペックや発売日はまだ噂の段階なのでなんとも言えませんが、さすがに20万なら私はP20 Proでいいかな。。

 

おすすめのケースと保護フィルム

 私が購入して使って「良かった」と思えるケースと保護フィルムを紹介します。

 

安価ですが、穴の加工や質感などは非常にしっかりしており満足度が高いです。

スモーククリアなので背面もキレイです。

 

ラスタバナナのアンチグレアフィルム

日本で買える安価で高品質なフィルムメーカーのラスタバナナのアンチグレアフィルムです。お近くの電気屋さんにも置いてあると思います。

 

おわりに

迷ってたけど本当に買ってよかった!と思えるスマートフォンです。

なにより写真が本当にキレイに撮れます。

友人たちと旅行に行ってアルバムに写真をアップロードした際には、P20 Proの写真は圧倒的にキレイです。友人たちにも驚かれるので愉悦です笑

 

今後はP20 Proを使ってツイッターに写真をアップロードしたり、インスタに写真をアップロード予定なのでよかったらフォローをお願いします。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。