Monogamaの地獄の釜のフタ

ゲーム Chromebook 文鳥 日記 お買い物 ガジェット Amazon 音楽 etc

【レビュー】買って後悔…新型 iPad Pro 2018 12.9インチ 1ヶ月間半使用してみた感想。良いところと悪いところ

スポンサーリンク

新型 iPad Pro 2018 12. 9インチ 1ヶ月間半使用してみた感想。実際に使って気が付いた良いところ悪いところ

f:id:monogama:20181220010505p:plain

前回「これは買いだ!!」とか言って記事を書いて発売日に即買いした2018年モデルの新型iPad Proですが、、、

 

全然使ってません!!

 

なんか、ごめんなさい。。

実際には殆ど動画を観るのにしか使っていないが正しいです。

1万五千円する新型のApple Pencil2とセット購入しましたが、今じゃ殆どお絵描きもしていません。iPad Proで絵を描くのは楽しいんですけどね。

www.monogama.space

 

割と残念な社会人の筆者のMonogamaは1日のフリーに使える時間が3時間未満なので、その時間をゲームしたり動画見てると絵の練習はついつい後回しに。。

さらには、最近ギターに再熱してLINE6のHX STOMPなんていう機材を買ってしまったため、お絵かき < ギターな現状です。

 

iPad Pro高かったのでちゃんと使いこなしたいんですが。。

 

こんな感じで1ヶ月半iPad Proを使って感じた良いところと悪いところをまとめておきます。

 

新型 iPad Pro 2018 12.9inchモデルのここが凄い!買って良かったところ

まあ、私がiPad Proをフルに活用できていない話は置いておいて、実際に新型のiPad Pro 2018はどうなのよ。って話です。

実際に買って使ってみて気が付いた、良い点と悪い点を紹介します。

 

良いところ① めっちゃヌルヌル動く

さすがオーバースペックと呼ばれてるだけあります。

すべての動作がめちゃくちゃサクサク動きます。ストレスフリー。

重たい3Dのゲームアプリも高画質設定で余裕で動きます。

ただ、ゲームをするなら11inchの方が絶対良かった

 

良いところ② ペンの吸い付くような書き心地が最高

Surface Pro 6を店頭で触ったけど描き心地だけだったら個人的にはiPad Proが圧勝だと思った。

f:id:monogama:20181110174012j:plain

1万5千円するえんぴつこと、Apple Pencil 2。

さすがの質感と書き心地です。

 

良いところ③ AIF(オーディオインターフェース)をType-Cに挿して接続するだけでそのまま使える

個人的にかなり嬉しかった要素がこれ

2018年モデルからThunderbolt端子がUSB Type-Cになったことで簡単にいろんな機器が接続できるようになりました。

DTMや楽器の録音に必須のオーディオインターフェースもその一つです。

 

f:id:monogama:20181220010808j:plain

なんとIFの機能があるマルチエフェクター等も接続すれば、きちんと認識しインターフェースとして使用できる。

ちゃんとギターの音もiPadで認識するのでGarageBandや、JamUpなどのエフェクトアプリも使用可能。エフェクトを掛けて録音までできてしまう。最強。

 

私が使用しているUSBのTyapeC変換アダプタはこちら

 

新型 iPad Pro 2018 12.9inchモデルのここが残念!買って後悔したところ

お次は残念だったところ。

ぶっちゃけこの残念ところが割と本当に惜しい。完璧に感じるiPad Proだからこそ残念に感じてしまう点です。

 

残念なところ① Macbook Proと比較して動画編集するには厳しい

発売前はMacBook Proより高性能!!という謳い文句から「動画編集も余裕だぜ!」

っと思ったんですが、実際はそうはいかないみたいです。

 

エンコード速度を検証している動画などがYoutubeで多くありますが、どれもMacBook Proと比較すると厳しい様子。。

私も実際にiPad Proを触っていてガッツリ動画編集は厳しいように感じました。

まあ、できなくもないくらいなんですけどね。快適ではない。

 

残念なところ② 純正ではないUSB Type-Cイヤホンジャック変換アダプタが使えない

個人的に驚いたのがコレ

HUAWEIのP20 Proに付属していたUSB Type-Cのイヤホンジャックアダプタが使えません。

さらには、Type-C端子のイヤホンも使えません。

 

どうやら、イヤホンの変換アダプタはMacの純正品。イヤホンもきちんとMacの許可のある物じゃないと使えないみたいです。

まあ、今後は対応した機種がたくさん出てくるんでしょうけど残念です。

f:id:monogama:20181220011107j:plain

接続できるので使えそうだが、認識せず音はスピーカーからでる。

ただし魔法は尻からでる

 

残念なところ③ 12.9インチはデカすぎてゲームには向かない

コレはもはや買う前に分かってたことなんだけど、やっぱ12.9インチはでかいです。。

PUBGとか荒野行動やるにはデカすぎて12.9インチは向きません。

せっかくのハイスペックタブレットなのでゲームをヌルヌル動かしたかった気もした。

 

まとめ

結論は、私の使用用途に合わなかっただけで物は良いよ

 

絵を描くならと思って12.9inchを購入したけど、実際はペイントよりもゲームの方がよく遊ぶので11inchで良かった。

 

また、オーディオインターフェースを接続して気軽にギターを録音できるのは良いです。

が、それだったらSurface Pro 6の方が純正のWindowsで出来ることも多いのでiPad Proである必要がないしと冷静に考えると後悔かも。。

そして何より価格が高い

 

Mac=高いってイメージがあるから、なんか物欲が満たされてプレミアムな所有感が得られるけど冷静に値段を考えると高い。

私みたいな人間は、買うべきではなかったのかなぁ。

 

何はともあれ2018年発売の新型iPad Proの完成度は高く、値段を気にしなければ必要な人が持てばかなりの素晴らしいツールになることは間違いないです。

 

ただ、筆者みたいになんとなく欲しい!で買うと後悔します。たぶん