Monogamaの地獄の釜のフタ

ゲーム Chromebook 文鳥 日記 お買い物 ガジェット Amazon 音楽 etc

激安高音質 TOPPING D10が凄い。DAC機能だけに特化して超コスパを実現した audio-technicaのHA5000に最適か

Audio-Technica ha5000との相性は?DACのみに機能を絞って極限までコスパを高めたDAC TOPPING D10が気になる

 

f:id:monogama:20190327221812j:plain

こんにちは久々の更新です。ソシャゲにハマりすぎててヤバイ「ものがま」です。

 

以下本題です。

私の愛用しているヘッドホンオーディオテクニカのATH-W5000

このヘッドホンが曲者で私個人としては、かなり好みの音質だが再生機器側が残念だといまいちな音になる。

ということでオーテク産のヘッドホンアンプATH-HA5000を買ったけどこれが今時珍しく、DAC機能(デジタルコンバート機能)がない。所謂、純粋なヘッドフォンアンプだった。

そのため、DAC機能のあるオーディオインターフェースなり、ヘッドホンアンプが必要になる。

 

f:id:monogama:20180610160235j:plain

買ったオーディオテクニカのHA5000とW5000 (高い)

 

というわけで最近気になっていたのが中国の格安メーカーのDAC TOPPING D10というものが格安なのに高音質と噂になっていたので気なっているという話

 

これ

 

ちょろっと調べてレビューやら口コミを見た感じかなり評判がいい

 

DAC TOPPING D10の大まかな音質の評判やレビューをまとめ

調べていてわかったtopping d10の良いところと悪いとことは以下のような感じ

 

TOPPING D10 凄いところ

  • 値段からは想像出来ないほど高音質&高性能らしい
  • バスパワー駆動(PCにUSBで繋げるだけで使える)
  • コンパクト&軽量
  • オペアンプを簡単に交換可能
  • LINE出力とデジタル出力が可能(重要)

 

f:id:monogama:20190327222641j:plain

このtopping d10の面白いところが、基盤のオペアンプにソケットを採用する事で半田無しで簡単にオペアンプを交換できる点

オーオタとしてオペアンプ交換しての音質変化を楽しむのは1度はやってみたい事なので、それの入門とかにはかなり良さそう。 

 

それと個人的に重要なのがLINE出力に対応している事。ATH-HA5000は太古のマシンなのでLINE出力対応が必須

 

TOPPING D10の残念なとこ、気がかりなところ

  • バスパワーでは音質的には力不足か
  • 口コミやレビューの少なさ
  • 品質&サポート

 

中国製品なので仕方ないといえば仕方ないのですが、やはり初期不良とその後のサポートが気になるところです。

 

ただ、レビューによっては「サポートはしっかりしており、メーカーに問い合わせたらスムーズに不良品を交換してもらえた」とのレビューもあり。

 

TOPPING D10 の外部電源バッテリーで高音質化。バスパワー駆動では音質悪い?

レビューを見てるとUSBからのバスパワーでは音質が発揮できないという書き込みがあった。しかし、D10にはきちんと補助電源用の端子が装備されているのでアダプターさえ買えば普通に外部電源で使用可能。

 

対応するアダプター選びが面倒だが、外部電源も普通にAmazonで安く買える。

 

因みに電源で個人的におすすめはこれ

 

topping d10におすすめの対応電源アダプター

私はAmazonで購入した。

 

おわりに とにかく安いのでとりあえず買ってみるのはあり?

USB-DACとしてはかなり安い値段設定だし、なによりオペアンプ交換機能やパスパワー駆動などで腐らなそうなのでとりあえず買ってみようかなあ

 

因みにこのtopping D10には上位機種が複数存在する。

音質面の機能をパワーアップしたD50

 

接続端子やBluetooth出力を追加した最新機種のDX3 Pro

 

などなど...

いずれも機能を考えるとかなりの激安。

個人的にコスパが高いのも高評価だけど、デザインも小さくて場所を選ばないのが良い

多分買う。

買ったらレビュー書きます。